愛の冷めた夫婦の関係修復と離婚の労力

離婚の労力

愛の冷めた夫婦の関係修復をするのは簡単なことではありません。
それこそ、関係が冷え込んでしまった理由が、パートナーの不貞行為だった場合には、深刻な事態とも言えます。

 

深刻な状態になってしまっては修復が不可能になり、離婚をすることになるのですが、これもなかなか難しくなります。
離婚の労力として考えられるのは、協議離婚だった場合には、離婚届の作成と離婚の証人として友人に頼んだり、保険や年金の分配から、財産分与など手続きが必要な項目はたくさんあります。
もしも家を購入していた場合に、夫婦で支払人と保証人を立てている場合もあるので、家の所有権に関してももめてしまい、協議離婚が上手くいかない可能性もあります。

 

そうなってしまうと、調停離婚になるのですが、これもまた手続きが必要になります。
弁護士が必要になれば、弁護士に依頼をして書類などの作成を手伝ってもらったり、簡易裁判所での調停員との調停裁判をおこなったり、また慰謝料の請求を行う場合には慰謝料請求の手続きも必要になります。

 

成人していないお子さんがいた場合には、親権をどちらの親が持つことになるのか?
そして親権を持たなかったほうは養育費をいつまで、そしていくら払うことになるのか?

 

離婚をするだけでも多くの労力が必要になります。
長い人では調停離婚が終了して、離婚が成立したのが1年後だったという人もいます。

 

それでも、多くの問題を孕んだ結婚生活をおくるよりも、新しい生活をスタートさせて、新生活を望む人は少なくありません。
結局のところ、離婚をするというのもギブ&テイクで、自分にとって利益をなる方法を選ぶ必要があります。